交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料

交通事故の慰謝料

大きな交通事故は慰謝料の相談が必要に
ある程度大きな交通事故が起きた場合には、やはり最終的に解決する方法と言えば慰謝料や示談金になってくる事でしょう。

しかし、なかなか被害者と加害者の意見をまとめるというのは時には難しく、揉め事にまで発展してしまう事もあります。

交通事故の慰謝料については、自分だけで背負う必要はなく、弁護士が行う交通事故慰謝料の相談を活用する事もできます。

弁護士相談と言えば、少しためらう人もいる様ですが、なるべくいい解決を目指したいですね。いつまで経ってもイヤな思いが残ってしまうようなことにはしたくないですね。

これがベストだと思える様に解決するのは難しくても、せめて仕方ないかと思える様に解決できればいいですね。

交通事故慰謝料を請求するなら弁護士基準

もし自分が交通事故にあってしまったとして、さらに後遺障害が残ってしまったような場合にはまず交通事故慰謝料を請求することになります。こちらなのですが自分で請求する場合と交通事故弁護士で請求する場合では提示される金額に多い時では4倍ほどの差があることがあると言われています。

なぜかというと弁護士に入ってもらうと、弁護士基準と呼ばれる金額の基準に使用されるものが適用されることになるからです。こちらはあまりに安い金額を保険会社が提示すると、交通事故弁護士側から訴訟を起こされてしまう可能性があるので事前に高めの金額設定で提示してくるというからくりになっています。

交通事故慰謝料を相場通りもらうには弁護士基準

交通事故慰謝料は後遺障害などが残ってしまった人が今後の人生のために必要不可欠なお金です。もしこちらが、自分が予想していたよりも少ない金額になってしまったら家族などがいる人は生活にも困りますよね。

保険会社の基準価格が高いと言われているのが弁護士基準と呼ばれる基準で、対交通事故弁護士ようの保険金額になります。こちらがなぜ他よりも高く設定されているのかといいますと、もし訴訟になってしまった時に、保険金を請求するよいも高いコストが保険会社としてもかかってしまうからです。過去の事例を見てみても、自分で請求した場合と弁護士に入ってもらって請求した場合では大幅に価格が異なっています。

弁護士基準に交通事故慰謝料は関連している

弁護士基準によって、ある程度の金額は決められることとなりますので、後遺障害の有無に関係なく、交通事故慰謝料はそれなりに支払うこととなる状況が起こります。

当然問題とされている行為があったり、後遺障害が残されていると、更に支払う額は増えることとなります金額が多くなっていくと、相当苦労するのは間違いないことですが、それでも弁護士基準によって決められているものですので、安心して相手側も対応してくれます。金額をある程度増やすこととなっても、それは求められている交通事故慰謝料ですから、仕方ないことと思ってください。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定