交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

事故直後はすぐに交通事故弁護士を

交通事故を起こしてしまった時、当人同士で話し合って解決しようとする人がいますが、交通事故を起こしてしまった場合は加害者であっても被害者であっても事故直後に必ず警察に連絡しましょう。必ず「事故に証拠に残しておくこと」が重要です。

また、事故直後に交通事故弁護士に相談することで、慰謝料や賠償金を支払う金額が少なくなったり、支払ってもらえる金額が多くなったりします。交通事故の際には弁護士に相談するのも良い方法です。その際には、相手の自動車のナンバーなどの情報を聞き出し、現場の情報写真に撮影するなど、証拠として残しておくことが重要です。