交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

後遺障害を伴う事故に遭った場合と交通事故相談

後遺障害を伴う交通事故に遭った場合、病院での治療にかかる費用だけではなく、消極損害というものが発生します。これは交通事故によって、事故以前のように働いたり活動したりすることができなくなるケースにおいて、本来であれば得られたであろうはずの利益を将来にわたって請求することができるものです。

事故における損害賠償請求においては後遺障害等級を基準として賠償償金の支払いがなされます。加害者等に対して損害賠償を請求できるのは被害者や被害者の近親者ですが、スムーズな解決のため交通事故相談を専門の弁護士に持ちかける方も多くいます。