交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定について

交通事故において、その過失が加害者と被害者のどちらにどの程度あるのかを示すものが過失割合です。その割合によって保険金や慰謝料の支払われる額が上下しますので、交通事故相談の中では大変多く扱う事例です。

加害者側の過失が10割とされるケースは少なく、横断歩道上で信号を守って渡っている歩行者をはねてしまった場合などに限られます。何もない道路上に飛び出してきた歩行者と接触した場合などは、被害者側の過失が大きいとみなされる場合もあります。事故が発生した場合は、警察が見分を行い双方の意見や目撃者の証言を元に作成した事故調書を作成し、保険会社で過失割合が判断されます。書類上の判断で、このケースは何対何と機会的に処理されるケースもありますので、不服がある場合には速やかに弁護士に相談すると良いでしょう。