交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士

相談したい交通事故弁護士

自分ではどうする事もできずに交通事故弁護士の所に相談に来る人もいますので、やはり困っている時には信頼できる人を選びたいですね。

人の紹介などではなく、最近では交通事故弁護士に知り合いがいなくても、相談したいと思う人を自分で選択する事ができる様になりました。ですので、たまたま知っている交通事故弁護士に相談する事もできますし、また別の人にお願いする事もできます。

交通事故弁護士次第で結果が変わる事もありますので、やはり相談先を自ら選択するという事は重要な事ではないかと思います。

相談する前には、交通事故弁護士がどの様な人であるのかという事を、公式サイトなどで確認する事をおすすめします。

交通事故解決の有効手段を交通事故弁護士が提供

交通事故に遭ってしまうと、不安になってしまうものです。周りの方に相談しても、専門知識がないため、なかなか解決するのは難しい作業となります。そこで、頼りになるのが交通事故弁護士です。

交通事故弁護士は依頼人に代わって、事故によって発生した示談交渉、慰謝料交渉などを一手に引き受けて、依頼人のための解決を図ります。専門の弁護士と言っても、さまざまな弁護士がいるので、事前相談を複数の弁護士とおこない、自分に合った交通事故弁護士を探すことがとても重要となります。事故専門の弁護士(交通事故弁護士)に依頼が決まれば、全て交通事故弁護士が進めてくれます。

交通事故を起こした時に味方になってくれる交通事故弁護士

不意な交通事故に巻き込まれた場合、頼りになるのが交通事故弁護士です。交通事故が起きると、通常解決まで約6か月程度かかります。交通事故が発生したら、治療そして通院、症状固定、後遺症の認定、示談交渉、慰謝料の支払いという段取りになっています。

その際の 事務手続きを交通事故弁護士が行ってくれて、わずらわしい手続きを任せることが出来ます。その際の注意点としては、弁護士によって料金や解決までのスピードなどが異なる点があります。自分に合った交通事故弁護士をインターネットや無料交通事故相談会などで見つけることが、非常に重要となってきます。

保険適用外のトラブルは交通事故弁護士へ

交通事故弁護士は、交通事故に関わる紛争を解決してくれる専門の知識を持ち、必要な法的手続きを踏むことができます。車社会の現在、車による事故は多岐に渡り、毎日のように起こっています。

そのため、自動車を所有している方の殆どが自動車任意保険に加入していると思います。しかし、事故によっては保険適用外であったり、どのように解決したらよいか分からない複雑な事故に合ってしまったり等、交通事故に関する問題は、誰しもがいつ抱えてもおかしくない環境になっています。交通事故による複雑な問題であったり、紛争が起こってしまったら、頼りになる交通事故弁護士にまずは相談しましょう。

いざという時の交通事故弁護士

交通事故弁護士の需要は近年増加しています。高速道路での危険運転や高齢者の交通事故が増加傾向にあるからです。当事者同士や保険会社同士の話し合いだと被害者に不利になるケースも少なくありません。

そこで交通事故を専門とする弁護士は、裁判基準にのっとり、被害者を代理して、加害者や加害者側の保険会社に対し、正当な金額を主張してくれます。また、交渉が決裂した場合には、交通事故弁護士は、交通事故の被害者の代理人として裁判を起こして、適正な金額の獲得をしてくれます。近年では、自動車保険の特約に弁護士を利用できる商品があり人気となっています。

交通事故弁護士に相談するタイミングについて

交通事故弁護士に相談するタイミングは、一般的には治療の終了直後が多いようです。これは後遺障害等級をより有利な状態で獲得するためです。重傷事故であれば事故直後がいいでしょう。実況見分や治療費の支払い、入退院の付き添いなどの費用がかかる場合に法的なアドバイスを受けられます。

加入している任意保険の中で弁護士費用特約をつけている場合も事故直後から相談しておくのが安心です。示談交渉が終わってからでは不利になってしまう場合が多いので、任意保険の契約内容や怪我の程度によって、いつ相談するかを判断すると良いですね。

交通事故弁護士はどんな弁護士なのか

交通事故弁護士というのは、どのような弁護士を指すのでしょうか。名前の通り事故をメインに扱う弁護士という想像はつくかと思いますが、具体的にどんなケースで弁護士に依頼するのでしょう。

運転手であれば、ほとんどの方が任意保険に加入していますので、交通事故にあった際はその保険を利用して対応すると思います。ただし、追突事故のような自分の過失割合がゼロの被害者だった場合、自分が加入している保険は利用できません。被害者の場合、余分な出費はなくても相手方との交渉は自らやる必要があります。交渉は精神的にも疲れますし、多くの時間を費やすため、そんな時は一度、交通事故弁護士に相談してみてください。

示談交渉や弁護を行う交通事故弁護士

交通事故においては、どちらか一方ではなく、両者が加害者であり被害者でもあるというケースが多いです。もらい事故など被害者側に過失が無いと判断されることもありますが、基本的には被害者側にも何割かの過失があったという前提で話を進めていきます。

もしも意見が食い違ってしまったり、慰謝料額について折り合いがつかなかった場合には、交通事故弁護士が頼りになります。法の観点から客観的な立場で両者が納得のいく提案をしたり、裁判で代理人となって弁護を行ったりしてくれます。事故に遭ってしまったら、事故の状況を確認しつつ、交通事故弁護士を頼りにしましょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定